"Taming the View" is an artistic experiment based on computer vision technology. This project uses data labeling software to assign subjective "emotional labels" to everyday landscapes, attempting to challenge the mission of machines to "deliver justice." By generating visual reports, it aims to provide an opportunity for the audience to contemplate whether the "eye of the machine" truly discerns reality or is merely an illusion. In this way, the project seeks to provoke a dialogue about the limitations and subjectivity of machine perception.

現在、⽇常のあらゆる場⾯で広く利⽤されている⼈⼯知能による⾃動画像認識システムは、実際には多くの⼈⼯または半⼈⼯の労働を通じて、⼤量の同類の画像データを反復的に「ラベル」付けすることによって得られる結果である。その後、機械学習のトレーニングが⾏われる。この「ラベル付け」の過程では、流れる⽣命の場⾯が機械が読み取れるように分割された画像に変換される。このようにして、機械の眼は欺瞞的な能⼒を得て、構造を解体し、架空の世界に意味を与えることができる。『眺望を飼いならす』(TamingtheVistas)は、コンピューター画像認識技術に基づくアーティスティック・エクスペリメントである。アーティストは、データラベリングソフトウェアを使⽤して⽇常の⾵景に対して主観的な「感性のラベル」を付け、映像報告を⽣成することで、機械の「正義」という使命を揺さぶろうと試みている。このプロジェクトは、観客とともに、「機械の眼」が本当に真実を⾒抜くものなのか、あるいは単なる幻想に過ぎないのかを考える機会を提供することを⽬指している。

︎︎︎


「眺望を飼いならす」Taming the Vistas


Video Installation
dimension variable, 2023
exhibition:
(1)“Runoff:Art and Education Arena” Yuan Museum, Chongqing (2023)
(2)“Artificial Reality- The Real Deals of Lies“,WATOWA GALLERY/THE BOX TOKYO,Tokyo,Japan (2023)
(3) “A-Real Engine”-18th Digital Art Festival Taipei, Digital Art Centre, Taiwan(2023)
(4) “Atami Art Grant”- Voyage Atami, Article Atelier & Gallery, Atami-shi, Japan (2023)

Single-channel video presenting version
<Taming the Vistas: Futile Outlines>(09’36)


screening history:
(1)ARTS COUNCIL KOREA (DAFTxARKO screening project)
(2) Shanghai Film Art Center (FLARE2023)